株式会社テイケン
JPEN
CONTACT

WHAT'S GRINDING STONE

砥石とは

WHAT'S GRINDING STONE

砥石とは

砥石(トイシ)は主に以下に分かれます。

砥石…研磨用材料(grind-stones)
砥石車…研削作業に用いる砥石、研削盤に取付けて工作物を加工する(grinding-wheels)


一般家庭で包丁を研いだりするトイシは前者、主にテイケンが製造しているのは後者です。 しかし、一般的にはこちらも「砥石(トイシ)」と呼びます。

研削とは、トイシの粒子で工作物の表面を削り取り、その面を平滑にし、精密仕上げ、刃物研ぎなどをする作業です。

研削は身近なモノについて行われています。たとえば、鉄板を溶接した後を削って平らにする、金属の塊を削り出して装飾品や金型を作る、丸棒を削って太さをそろえるなど、一般雑貨から電子機器まで、パチンコ玉からタンカーまで、想像できないものがトイシを使って作られています。

THREE ELEMENTS

砥石の三要素

ONE

砥粒

物を削るためになくてはならないのが砥粒です。砥粒の1つ1つが刃となり、物を削ります。そしてその刃が摩耗して切れなくなると、古い砥粒は脱落して、新しい砥粒が出てきます。 だからトイシは切れ続けます。

TWO

結合剤

砥粒を繋ぎ合わせているのが結合剤です。これがなければトイシは形を保てません。かといってあまり強い力で固めてしまうと、砥粒は脱落しなくなり、切れないトイシになってしまいます。ちょうど良い硬さが大事になります。

THREE

気孔

物を削るときに発生するのは、削りカスと摩擦による熱です。それらを解消するために、トイシには無数の穴があいています。大げさにいうと、軽石みたいな形をしています。この穴の中に削ったカスが入り、トイシが回る間に排出されます。もしこの穴が無いと削ったカスの出るところが無くなり、トイシは切れなくなってしまいます。またこの穴は、空気を運んでトイシを冷やす役割もあります。 トイシの気孔は、実は見落としてはいけない非常に大切な役割を担っています。 別ページに説明がありますが、この気孔をテイケンは着目し、独自の気孔生成技術を開発しました。

sec_bt.jpg

GRINDING WHEEL

研削砥石

気孔に特長のあるビトリファイドトイシを
中心にご覧いただけます。

sec_bt.jpg

DIAMOND/CBN WHEEL

ダイヤ・CBNホイール

セラミックボディーの有気孔
「シナジーホイール」などがご覧いただけます。

sec_bt.jpg

GRINDING RELATED PRODUCTS

研削関連製品

研削に関わる全ての製品を
取り扱っております。

COMPANY INFO

会社概要

お客様の「想い」を形にするため
砥石にこだわり続ける
テイケンの会社概要はこちら

VIEW MORE

QUALITY

品質マネジメント

品質マネジメントに従って、
安全で高品質な商品と
サービスの提供を目指します。

VIEW MORE

RECRUIT

採用情報

TEIKEN SPIRITを共有できる仲間を求めています。
採用情報をご確認いただけます。

VIEW MORE

CONTACT

製品についての疑問、質問等お気軽にお問い合わせください
CONTACT FORM